忍者ブログ
'TACHIBANA' is a character of fictitious used with PBW.
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


届いたメール、
ああ、夏だな、と。
尤も夏に限らず
長期休暇になると
増える輩は結構居る。

連絡はとても有難かった。
時折自分も経験していた、
同じ人がいたという安堵。
安堵しては駄目だろうが。

知人や友人が居なくなる、
其の寂しさや辛さを
知っているだけに、
何かしら自分に出来る事をしたいと思う。
それが結局の所、
自己防衛に繋がるだろう。

只今は純粋に、
知り合いが一人増えた事に喜んでおこう。
PR

たった一言、
其れなのに胸がさざめく。

───今更何?

馬鹿らしい。

点と点を繋いで出来た
多角形から
何時の間にか立方体
此方を見ようとすれば
彼方が見えなくなって

付いていない筈の色が
『白』が逆に
次第に総てを塗り潰してく

OK, last one.

私が熱くて甘いのは
極一部に対してだけだよ

焔を点してみるが良い
付かないだろうから

浮かぶ十字架
閉ざされた侭の扉
潜る事はもう無い

貴方と一緒に来たかった

何を怯えているのだろう
大丈夫な筈なのに


───でも酷く怖い


だから丸まって眠る
胎児みたいに

控え室でぐったりと、
ソファーに寝転び乍
腹に包帯を巻いて居て。
弱々しい声でも、
口調は何時もと変わらず
馬鹿な事を口にして。
只。
無事で良かったと、
泣きそうになった。

絆を思う日あれば
それでよくて

妙に雪澄めたことも 
言の葉に慕った

下枝の影で

「そうね」
と紅涙に浮く静寂
ぽろり ぽろり と
泣き虫屋さん

「山紫水明だ」
と目深帽子
ねえ ここがいいね
垂れ 声あげた

降り続く雪を
指に託して流した

小船浮かぶ 小夜の波間に
抱き締めた迷子
遥かより近くに頷き

はじめて泣いた
強がり屋さんが
【雫/Song by あさき】

夢に迄追い出された
仕事をさせたいのは解るが
だからってあの夢は酷い
魘される此方の身にも
成って頂きたいと切に思う

揺らぐ、夢と現
ぼんやり、視界
ゆらり、見えた龍

『宝玉』は失くした侭と
言っていたっけ

だから過ぎったのだろう
昇龍の、其の手

そう言えば数える程しか
見た事は無い
何時も彼は此方を向いてて
私は背中を向けていたから

あの約束は
慰めになるのだろうか
確かめる為に
今度あの背に触れてみよう

其処迄考えた所で
漸く夢へと堕ちていく

そんな明け方


カレンダー 
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール 
HN:
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1987/08/02
職業:
昼:翻訳家/夜:ホスト
趣味:
仕事・思案・悪戯
自己紹介:
■出没時間帯■
21時半~7時半頃迄
■レス傾向■
中文~長文派
電話・メール以外では「(笑)」等の
超短文・顔文字・ギャル文字非推奨
(使って良い所では使います)
場合によって長考気味

詳しくは名刺(前略プロフ)にて。
電話呼び出しは大歓迎。
(両方共リンクにあります)

■リンクについて■
個人ブログからのリンクは
電話なりで確認お願いします。
フリーエリア 
最新記事 
(08/02)
(07/07)
(07/07)
(06/28)
(06/25)
最新CM 
[04/14 橘]
[03/03 山吹総一郎]
[02/26 橘]
[02/25 要]
[01/16 橘]
ブログ内検索 
バーコード 
フリーエリア 
フリーエリア 
アクセス解析 


忍者ブログ [PR]